2013年11月29日

特定秘密保護法案 わかりやすく

【特定秘密保護法案 わかりやすく解説】

特定秘密保護法案のニュースを最近見ない日は無くなりました。

でも、特定秘密保護法案てなんのことだか分かる人もかなり少ないようです。わかりやく解説しているニュース番組も少ないですしね・・・。

特定秘密保護法案について「実は自分もよく分かっていない・・・」って人、これだけ特定秘密保護法案についてテレビで見かける毎日だと、「特定秘密保護法案って何??」って今さら人に聞けないですよね??

実は僕自身もそうでした。そんな方の為に、特定秘密保護法案について分かりやすく書いてみました。



〜特定秘密保護法案とは〜

特定秘密保護法案とは、わかりやすく言えば『国の安全に関わる情報を「特定秘密」として指定し、外部へ漏れることを防ぐ法案』です。

例えば、他国と交渉を進めるとき、日本にとって秘密にしておいた方が有利に交渉を進められる・・・そんな情報があった場合、この情報を「特定秘密」に指定し、情報を守り、国や国民を守るのが目的です。

また、最近ではサイバーテロなど、情報自体が狙われ、狙われた情報次第では国家の安全を揺るがしかねない時代ですので、そういったサイバーテロなどから情報を守る意味もあるようです。

特定秘密保護法案が国会で採択されて具体的に法律にしましょうということになれば、秘密を漏洩した者は厳しい罰を受けることになります。



〜特定秘密保護法案の内容をわかりやすく言うと〜

では、その情報をだれが「特定秘密」に指定し、誰が情報を漏洩し、誰が罰を受けるのでしょうか。

まず、「この情報は重要なじょうほうだから、特定秘密に指定しよう」というふうに決めるのは、各省の大臣です。

また、各省の大臣が指定した「特定秘密」を外部に漏らした場合重罰を受けるのは公務員です。



〜特定秘密保護法案の問題点をわかりやすく〜

ここまで、特定秘密保護法案の内容をわかりやすく書いて来ました。

なーんだ、国家の安全が守られるのなら特定秘密保護法案は良いやつじゃないか!と思われるかも知れませんが、一概にそうは言い切れないみたいです。

では、何が問題なのでしょうか。

まず、どの情報が特定秘密に指定されているか公開されませんから、どの情報を外部に喋ったら罰則を受けちゃうとかが分かりません。

そりゃそうですよね、秘密なものを公開しちゃったら秘密じゃなくなっちゃいますから。

なので、もしかすると、公務員の人が業務上でたまたま知り得た情報がじつは特定秘密であり、しかも公務員本人はその情報が特定秘密であることに気付かない・・・なんてことが起こる可能性があります。

そしてそれを外部に漏らしたらアウト。ポロっと喋っちゃった内容が実は特定秘密でしたー!!なんてことも、可能性としては十分あります。

公務員の人からしたらなんか怖いですよね。

そしてさらに、秘密の範囲があいまいです。どんな情報が特定秘密になるのか、最初から決まっていれば「この情報は特定秘密の範囲だから絶対に喋らないようにしよう」と、公務員の方があらかじめ予想できます。

しかしこの範囲もあいまいですから、「コレはさすがに特定秘密に指定されてないでしょ〜」と思って周りに喋ったら、「その情報も特定秘密でしたー!!」なんてことも起こり得ます。

公務員の方からしたら恐ろしいですね・・・。



〜特定秘密保護法案の今後〜

一般の国民には直接関係ないように思える今回の特定秘密保護法案

でも、ケースによっては自分が当事者になり得ることが十分にあり得ます。日本の今後を左右する重要な法案には変わりありませんので、注意深く見守っていきたいものです。

以上、今回は特定秘密保護法案に関してわかりやすく書いてみました。それではまた次回。
posted by ニュースブレイカー at 14:23| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。