2014年02月04日

ソフトバンクがTモバイル買収の準備を進めた結果・・・

【ソフトバンクがTモバイルUS買収の準備を進めた結果・・・】

「ソフトバンクがTモバイルUSを買収する件に関して、アメリカの通信行政のトップであるウィーラー氏が難色を示した」というニュースが報道されています。

これは少し噛み砕いて説明して欲しいなーと思ったので、調べて書いてみました。

ソフトバンクがTモバイルUS買収って言うけどTモバイルUSってそもそも聞いたこと無いんだけど??ってところから疑問が湧いてくると思いますので、そのあたりから書いてみます。



〜ソフトバンクが買収を進めるTモバイルUSとは〜

TモバイルUSとは、アメリカの携帯電話会社のひとつです。

TモバイルUSはアメリカで第4位の会社。

ちなみに米国でのランキングは

1位 Verizon(ベライゾン・ワイヤレス)
2位 AT&T
3位 スプリント
4位 TモバイルUS

となっています。

ソフトバンクは以前買収したスプリントを通じて、今回TモバイルUSを買収したい考えのようです。



〜ソフトバンクがTモバイルUSを買収するメリット〜

TモバイルUSを買収するにあたり、ソフトバンクにとってメリットはどんなものがあるでしょうか。

まず、TモバイルUSを買収した場合、ソフトバンクグループの売上規模は約7兆円になるそうです。TモバイルUSを買収が実現すれば、この7兆円という数字は中国移動(チャイナモバイル)に次ぐ世界第2位だそうです。

ちなみにソフトバンクは世界第1位を目指しているそうです。

また、Tモバイルを取り込む事で、スプリントの収益改善をはかる狙いがあります。



〜ソフトバンクがTモバイルUSを買収することに関する周りの反応は〜

今回、ソフトバンクがTモバイルUSを買収することに関して、周りの反応はかなり冷ややかかつ厳しいようです。

アメリカ他社も、アメリカの通信行政当局も、さらには当のスプリントもあまり乗り気ではないようです。

孫さんが今後どのように動くのか、注目どころですね。

以上、今回はソフトバンクがTモバイルUS買収の準備を進めている件に関して書いてみました。

それでは!

posted by ニュースブレイカー at 20:33| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。