2015年04月03日

選挙2015 統一地方選挙とはいったいなんの選挙なのかをわかりやすく書いてみた

【選挙2015 統一地方選挙とはいったいなんの選挙なのかをわかりやすく書いてみた】

2015年4月現在、世の中では選挙、やってますよね?

今回の選挙なんの選挙誰を選ぶってところまでしっかりと把握しているひともいれば、

また選挙?こないだやったばっかじゃん。そもそも今回の選挙ってなんの選挙??

ってひとも多いと思います。

選挙に無関心な人が多い」ってニュースでよく聞きます。でもそうやって言われちゃうと、「関心は持ちたいんだけど今更聞けないし難しい解説多いし、誰かに聞いたら無知だと思われそうで・・・」という人、結構多い気がします。

そこで!今回は、

今やっている選挙がいったいなんのための選挙なのか。誰を選ぶための選挙なのか。

このあたりをわかりやすく書いてみます。

images.jpg



〜今回の選挙はなんの選挙なの??〜

いまやっている選挙は「統一地方選挙」です。出た!難しいコトバ!

でも、簡単なことです。

地方の選挙を日程を全国統一して同じ日にやりますよーという意味です。

なので統一地方選挙をわかりやすく言い換えると、

「全国一斉にやる地方の選挙

となります。


さて、地方の選挙っていったいなんでしょう??

地方の選挙というのは、県(都)知事や市長、それから県議会議員や市議会議員を選ぶ選挙のことです。

なので今回は国会議員を選ぶ選挙ではなく、県や市の議長&議員さんを選ぶ選挙なんですね!

250px-Vote-Box.jpg



〜地方選挙はクラスの選挙!?〜

今回の選挙は国会議員を選ぶのではなくて、もっと身近な県や市の議長&議員さんを選ぶ選挙だとお話ししました。

ここで、通っていた学校を思い出してみてください。

学校でも、クラスで学級委員や書記を選ぶ多数決や、生徒会のメンバーを選ぶ選挙とかありましたよね?

今回の選挙もこれと同じです。

国会議員を生徒会メンバーに例えてみてください。

また、地方の議長&議員さんたちをクラスの学級委員や書記に例えてみてください。

そう、今回の選挙はいわば自分のクラスの学級委員を選ぶ選挙なんです。自分が毎日生活するクラスの代表を選ぶ選挙。自分の生活に直接関わってくる選挙なのです。

学生時代、生徒会のメンバーを選ぶ選挙ですよーって言われても、どこか他人事のようで「自分には関係なさそうだなー」と思っていた人、多いと思います。

国会議員の選挙もこれと同じで、どこか遠い国のことみたいな感じに捉えている人、多いんじゃないかな。

でも、今回の選挙は違います。自分たちが生活する地域のことを決める、地域の代表を決める選挙です。

学校で言えば、クラスの代表を決める選挙なんです。

クラスのルールが変われば自分の生活が変わります。
例えば、クラスのお調子者が学級委員長になって「帰りの会でひとりずつ一発芸をやる」なんてルール作ったらどう思いますか?ぼくは嫌です。あいつを学級委員に選ぶんじゃなかったと後悔するはずです。笑

これは極端な例ですが、地方選挙はこれと同じくらい自分たちの生活に直接影響してくるんです。

こうして考えると、今回の地方選挙に少し関心が湧いてくるのではないでしょうか。

images-1.jpg




以上、今回は統一地方選挙とはいったいなんの選挙誰を選ぶ選挙なのか、できる限りわかりやすく書いてみました。

それではまた次回!
posted by ニュースブレイカー at 19:23| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。