2014年02月05日

スマートアシストとは??事故は無いのか??

【スマートアシストとは??本当に事故はないのか】

スマートアシストとは、みなさんご存知ですか??

スマートアシストどっかで聞いた事ある!!って人も多いでしょうし、車のアレねってピント来る人もいるかと思います。

個人的にはスマートアシストと聞いたとき、なんだっけ・・・車の!!と2秒くらい考えちゃいました。

実は、「スマートアシストとはどんなものかについて書いて欲しい!」とリクエストがあったので、今日はスマートアシストとはどんなものかについて書いていきます。



〜スマートアシストとはズバリ〜

スマートアシストとは、ズバリ、車に搭載する衝突回避支援システムのことです。スマートアシストとはSCBS(スマート・シティ・ブレーキ・アシスト)の省略形で、スマートアシスト。これを更に省略してスマアシなんて呼ばれています。

スマートアシストはもう実際に運用が始まっていて、マツダやダイハツの車に搭載されています。

スマートアシストをキチンと告知して、試乗会なんかもやって、しっかりと強みにしているのはダイハツですね。

システムを解説する専用のサイトもあります。

スマートアシストはレーザーを前方に射出して前方の空間を把握、前方の障害物に接近すると警告音を発してお知らせ、接近しすぎると自動的にブレーキがかかり停止するとのことです。スマートアシストに搭載されたこのレーザーの機能をレーザーレーダーと言うそうです。



〜スマートアシストの色々な機能〜

CMなんかでもやっているように、スマートアシストとは追突や衝突を回避するのが主な機能となっています。

が!!

少し調べたところ、スマートアシストには衝突回避の他にも機能があるようです。スマートアシストの機能をまとめると以下の通り。

・衝突、追突を回避する機能。
・誤発信を防ぐ機能。(アクセルとブレーキを間違えてコンビニに衝突!!なんてことを防ぐイメージ)
・先行車が発信したのを音でお知らせする機能。
・スリップや横滑りを制御して車体の安定性を向上させる機能。

スマートアシストの機能は以上の4つです。

スマートアシストといえば衝突回避というイメージが強かったのですが、以外といろんな機能が備わっているのですね。スマートアシスト、以外と多機能ですね。



〜スマートアシストは本当に事故らない??〜

かなり多機能なスマートアシストですが、本当に事故は起きないのでしょうか。

調べてみたところ、スマートアシストが効果を発揮するのは時速4〜30キロで走行中での話。

さらに、前の車との速度差が20キロ以内では衝突を回避し、20〜30キロ以内の場合は衝突の衝撃を軽減するとのことです。

いずれにせよ、スピードが時速21キロ以上だと衝突の危険は100%回避できないということです。

スマートアシストが想定しているのは渋滞時の話。

渋滞時の追突の60%以上が時速30キロ以内というデータがあり、これにより理論武装しているようです。

しかし、埼玉県深谷市で行われたマツダ車のスマートアシスト試乗会で実際に事故が起きています。

このとき、車はフェンスに衝突。原因がわかるまで試乗会を自粛するとしています。

個人的にスマートアシストは、あくまで補助的な機能として捉え、まずは自分の目、手、足でしっかりと安全運転することが大前提だと思います。

以上、今回はスマートアシストとはどんなものかについて書いてみました。

それではまた!!
posted by ニュースブレイカー at 16:15| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月04日

ソフトバンクがTモバイル買収の準備を進めた結果・・・

【ソフトバンクがTモバイルUS買収の準備を進めた結果・・・】

「ソフトバンクがTモバイルUSを買収する件に関して、アメリカの通信行政のトップであるウィーラー氏が難色を示した」というニュースが報道されています。

これは少し噛み砕いて説明して欲しいなーと思ったので、調べて書いてみました。

ソフトバンクがTモバイルUS買収って言うけどTモバイルUSってそもそも聞いたこと無いんだけど??ってところから疑問が湧いてくると思いますので、そのあたりから書いてみます。



〜ソフトバンクが買収を進めるTモバイルUSとは〜

TモバイルUSとは、アメリカの携帯電話会社のひとつです。

TモバイルUSはアメリカで第4位の会社。

ちなみに米国でのランキングは

1位 Verizon(ベライゾン・ワイヤレス)
2位 AT&T
3位 スプリント
4位 TモバイルUS

となっています。

ソフトバンクは以前買収したスプリントを通じて、今回TモバイルUSを買収したい考えのようです。



〜ソフトバンクがTモバイルUSを買収するメリット〜

TモバイルUSを買収するにあたり、ソフトバンクにとってメリットはどんなものがあるでしょうか。

まず、TモバイルUSを買収した場合、ソフトバンクグループの売上規模は約7兆円になるそうです。TモバイルUSを買収が実現すれば、この7兆円という数字は中国移動(チャイナモバイル)に次ぐ世界第2位だそうです。

ちなみにソフトバンクは世界第1位を目指しているそうです。

また、Tモバイルを取り込む事で、スプリントの収益改善をはかる狙いがあります。



〜ソフトバンクがTモバイルUSを買収することに関する周りの反応は〜

今回、ソフトバンクがTモバイルUSを買収することに関して、周りの反応はかなり冷ややかかつ厳しいようです。

アメリカ他社も、アメリカの通信行政当局も、さらには当のスプリントもあまり乗り気ではないようです。

孫さんが今後どのように動くのか、注目どころですね。

以上、今回はソフトバンクがTモバイルUS買収の準備を進めている件に関して書いてみました。

それでは!

posted by ニュースブレイカー at 20:33| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

Smartnews(スマートニュース)とは!?

【Smartnews(スマートニュース)とは一体!?】

Smartnews(スマートニュース)が今、話題となっているようです。

なんでも、Smartnews(スマートニュース)が300万ダウンロードを達成したそうです。

Smartnews(スマートニュース)とは一体なんなのか、少しまとめてみました。



〜Smartnews(スマートニュース)とはどんなアプリ?〜

Smartnews(スマートニュース)とは、スマートフォン向けに開発された、ニュース閲覧アプリです。

Smartnews(スマートニュース)もいわゆるニュースアプリのひとつなので、まぁそんなに珍しくないアプリです。

Smartnews(スマートニュース)を実際にダウンロードして使ってみたところ、まぁ見やすいかなと。こんな感じです。

smartnews_sc11-300x450.jpg

Smartnews(スマートニュース)はツイッターからデータを解析して、注目度の高いニュースをトップに表示するシステムをとっていて、まだその精度は高くないものの、最短5分で解析してトップに表示されることもあるそうです。



〜Smartnews(スマートニュース)は読み込みが早い〜

Smartnews(スマートニュース)が、唯一他のニュースアプリと違う点は「読み込みが早い」事。

Smartnews(スマートニュース)は、ニュースの枠をタップすると各ニュースの掲載ページに飛びます。

ここで、読み込みが遅いと「すぐ読む Smartモード」というボタンが現れ、そこをタップするとニュースの文字と画像以外は全て排除されたページが瞬時に表示されます。

これがSmartnews(スマートニュース)の最大の売りです。電波の悪い電車の中でもサクサク読めるということです。

130705_smartmode.jpg



〜Smartnews(スマートニュース)が指摘されている問題点〜

Smartnews(スマートニュース)は今うなぎ上りで成長中ですが、一方で指摘されている問題点もあります。

それは、著作権。実は、Smartnews(スマートニュース)は、読売や朝日など、いろんなニュース掲載元のページの集合体なんです。

しかも、それを許可無く利用し、Smartモードを勝手に作っちゃってますからね。広告やリンクを勝手に排除しちゃってるワケですから、他社の利益をガッツリ削いでます。笑

Smartnews(スマートニュース)は話題ですから、このあたりの問題をどうクリアしていくかが課題となりそうです。

以上、今回はSmartnews(スマートニュース)についてまとめてみました。

個人的には、Smartnews(スマートニュース)は使いやすいと思いますのでおすすめですよ!

それでは!
posted by ニュースブレイカー at 21:54| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。