2014年02月02日

STAP(スタップ)細胞とは??わかりやすく書いてみた。

【STAP(スタップ)細胞とは一体!?わかりやすく書いてみた】

今ニュースで話題となっている「小保方晴子さんがSTAP(スタップ)細胞を作り出す事に成功した!!」というニュース。

IPS細胞と比較されて報道されるこが多いですが、さて、ではSTAP細胞とは一体なに??STAP細胞とIPS細胞との違いは??

そんなソボクな疑問を解決できるよう、STAP(スタップ)細胞とは一体なんなのか、極力分かりやすく書いてみました。



〜STAP(スタップ)細胞もIPS細胞も目的は同じ〜

ニュースで盛んに取り上げられているSTAP(スタップ)細胞。よく「IPS細胞より簡単に作ることができる」なーんて言われています。このあたりのことをわかりやすく

ではなぜ、IPS細胞と比べられることが多いのでしょうか。

それは、STAP(スタップ)細胞とIPS細胞の目的が一緒だから。

その目的とは、再生医療の向上。つまり、STAP(スタップ)細胞もIPS細胞も、「再生医療に活用できる可能性のある技術」ということなんです。

再生医療とは、失われた皮膚・内蔵などあらゆる部位を他人からの移植ではなく、本人の細胞から再び作り出して再生させる医療技術のことです。

これが発達すれば、臓器移植ではなく臓器再生、さらには若返りなどの技術が進歩することになります。



〜STAP(スタップ)細胞とはどんな細胞〜

STAP(スタップ)細胞とはわかりやすくいうと、「応用次第で殿部位にでもなれる細胞」です。万能細胞とは、応用次第で人間のどの部位にもなれる細胞のことです。

もっとわかりやすく言うと、白紙の細胞。ポケモンで言えばイーブイみたいなものですね。イーブイというポケモンは条件次第で様々なポケモンに進化することができる。

Unknown-1.jpeg

つまり、万能細胞からは、髪の毛、皮膚、内蔵、目など、あらゆる器官を作り出せる可能性があるのです。

実は、IPS細胞も万能細胞なのですが、STAP(スタップ)細胞とIPS細胞ではその作り方が違います。

STAP(スタップ)細胞は血液細胞の一種であるリンパ細胞を弱い酸性の液体に浸すだけで作り出せるのです。

一方IPS細胞は、遺伝子操作によって作り出すので、時間がかかるうえにガン発生のリスクを伴います。

まとめると、STAP(スタップ)細胞とIPS細胞にはこんな違いが。

1.STAP(スタップ)細胞を作り方はリンパ細胞を弱い酸性の液体に浸すだけ。IPS細胞は遺伝子を利用。
2.完成までにかかる時間、STAP(スタップ)細胞は2日、IPS細胞は3週間。
3.STAP(スタップ)細胞は遺伝子をいじらないのでガン発生のリスクが無くIPS細胞より安全。
4.成功率、STAP(スタップ)細胞は8%、IPS細胞は0.5%


こうしてできた万能細胞を応用すれば、再生医療に役立つ可能性があるってわけです。

Unknown.jpeg

早く実用化されて、だれでも安全に再生医療が受けられる世の中になると良いですね!

もし実用化されたら、僕は体の筋細胞を新しくして、運動性能を上げたいと思います。

以上、今回はSTAP(スタップ)細胞とはわかりやすく書いてみました!

それではまた!!
posted by ニュースブレイカー at 16:23| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

リベンジポルノ

【リベンジポルノって・・・】

リベンジポルノ。交際相手や元交際相手の裸写真や映像をインターネットなどに公開する卑劣な行為です。これがリベンジポルノ

リベンジポルノは、別れ話を切り出された腹いせや、浮気されたことに対する仕返しのつもりで行われるケースが多いそうです。

リベンジポルノはまた、別れたあとのトラブルや腹いせに行われる事も。

なので、別れた当初はリベンジポルノが行われなくても、しばらくして忘れかけた頃にリベンジポルノが行われることもあるそうです。

それから、「リベンジポルノを行うぞ!」と脅す事も、実際にリベンジポルノを行わなくても立派なリベンジポルノです。

今話題のリベンジポルノ。海外カリフォルニアでは今年10月、リベンジポルノに対する罰則が法整備されました。リベンジポルノに対する罰則規定はその後、ニュージャージー州でも制定されました。

日本でも2013年12月、「別れたらリベンジポルノを行うぞ!」と交際相手の女性を脅した男性が強要未遂の疑いで逮捕されました。

このように、かなり注目されているリベンジポルノですが、日本の現行法ではわいせつ物頒布罪や名誉毀損罪が適用されます。

しかし、現状の罰則は具体的にリベンジポルノに対する罰則では無い為、抑止力が低いと考えられていますし、リベンジポルノから被害者とその精神状態を守れるシステムではないように思います。

リベンジポルノが行われたとしても、実際のところほとんどの被害者が泣き寝入りしているそうです。

それに、リベンジポルノってずーーーーーっと前からあったのではないかと思います。その卑劣な行為にリベンジポルノって名前が最近付けられただけ。リベンジポルノとは呼ばれなくても以前からリベンジポルノはあったのではないでしょうか。

あとはもうリベンジポルノを防ぐには、例え交際相手だとしても裸の写真や映像を撮らせないことが一番です。リベンジポルノの全ての加害者は交際相手か元交際相手なのですから。。。

リベンジポルノ撲滅の為、今後法整備が急がれる事を願います。

以上、リベンジポルノに関して書いてみました。それでは。
posted by ニュースブレイカー at 11:55| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月05日

防空識別圏とは??わかりやすく書いてみました。

【防空識別圏とは??わかりやすく解説】

防空識別圏と中国と日本の問題は、今やトップニュースですよね。

防空識別圏とは一体何か、これだけいろんなニュースで報道されていますから、「防空識別圏とはなんですか?わかりやすく説明してください。」と誰かに言われたとしても、とってもわかりやすく説明できちゃいますよね!

・・・え??防空識別圏についてよく知らない??そしてわかりやすいニュースがないので今さら人に聞けない??

わかりました、それでは防空識別圏についてなるべくわかりやすく書いていきますので参考にしてくれたら嬉しいです。



〜防空識別圏とは何か、わかりやすく書くと・・・〜

防空識別圏とは、わかりやすく言えば「こっからここの範囲はうちの陣地だから、勝手に入ってこないでね!」という空域のこと。

ちなみに空域とは、わかりやすく言うと空の陣地のこと。地面の陣地は「領土」って言いますが、空の陣地の事を「領空」とか「空域」とか言います。

そしてこの防空識別圏、こういうことでもあります。
→「うちの防空識別圏に入る時は事前に言っておいてね!うちの防空識別圏に勝手に入ってくると侵入者扱いで攻撃するからよろしく!」

つまり、事前の申請も無く相手の防空識別圏に入ってしまうと領空侵犯、勝手に相手の空域に侵入したとしてミサイル撃たれちゃうということです。

例えば、自分の家を想像してみてください。

自分の家の敷地内は自分たちのスペースですよね?そこに勝手に誰かが入って来たら、異常事態として何らかの行動を起こしますよね?だって勝手に入って来るのは不法侵入ですから。

自分のスペースは自分で守らなければいけない。こういう、ここからここまでは自分たちのスペースだから勝手に入らないでね!というのが、各国にあるというわけです。

もちろん日本にもありますし、アメリカや中国にも、もともと防空識別圏というのが存在するわけです。



〜中国の防空識別圏の何が問題なのかわかりやすく〜

ここまで防空識別圏とは何か、わかりやすく書きました。

では今回ニュースで取り上げられている防空識別圏の何が問題なのでしょうか。もう少し掘り下げてわかりやすく書いてみます。

まず、今回問題となっているのは、中国の防空識別圏です。今まで問題になってなかったのに、なぜここに来てニュースになるのか。

それは、中国が「新しく防空識別圏を決めたアルヨ!今までよりちょっと広がってるアルから近隣のみなさんよろしくアルヨ!」と言い出したからなんです。

つまり、防空識別圏を今までより広げて新しく設定し直したんです。

そして、その広がっている方向が、なんと日本の空域の方に広がっていたんですね。日本の領域にも関わらず、「うちの領域アル!」といきなり言い出した。

図で見ると一目瞭然です。

ref_l.jpg

どうです?かなりガッツリと広げてきています。

中国が新しく防空識別圏を設定したのは11月23日。つい最近のことです。



〜中国の防空識別圏についてその後の展開をわかりやすく〜

前章では、中国が新しく防空識別圏を設定したこと、さらにはその新しい防空識別圏識別圏が日本の領域までガッツリと被せて来ていることについてわかりやすく書きました。

では、その後日本はどんな対応をとり、また近隣諸国はどんな姿勢でいるのでしょうか。

まず、最初の頃、日本の航空会社は一応中国に「この日の何時に中国の新しい防空識別圏をうちの会社の飛行機通過するのでよろしくお願いします。」と事前に申請をしていました。

申請をせずに便を飛ばし、万が一中国の戦闘機に撃墜でもされたら乗客の安全は愚か、国家の安全も揺るがす事態になりかねませんからね。

しかし、最近になって、日本政府が航空会社各社に「中国には事前の申請はするな」と指示が出ました。

もともと日本の領空だったところを中国が強引に「中国の領域アルよ!」と言っているだけだから、わざわざこちらから下手に出て申請をすることはない、というわけです。まぁごもっともですが、日本の航空会社各社は気が気では無いでしょうね・・・。

で、去る2013年12月4日、アメリカのバイデン副大統領が中国を訪問し、中国が新しく設定した防空識別圏に関して、アメリカは、「ユーが設定したニュー防空識別圏はノーだ。」と、基本的には認めませんよという意向を中国側に伝えました。

また、アメリカのバイデン副大統領は「ユーがアジアの緊張を緩和することを期待している。」とも伝えました。

中国はコレに対して、「世界は全体として平穏であるというワケではないアル。米中両国が協力する事がただひとつの正しい選択アル!」との意見を表明しています。



〜中国の防空識別圏、今後は・・・〜

この問題、今後果たしてどんな展開を見せるのでしょうか。

日本国民のひとりとして、しっかりとした考え方を持つべきだと思うし、今回はわかりやすく書いたのみですが、より深い理解も今後は必要になってくると思います。

また、ここから先は個人的な意見ですが、中国の主張はかなり苦しいし無茶だし、なんだか北なんとかっていう国に近いものを感じます。

しかし、国土も広く物資も資源も豊かで軍隊もきちんと揃っているのが中国なので、楽観視は決してできないとも感じます。

それから何よりも、前線が一番緊張状態にあるはずです。そこで任務についている自衛隊の隊員の方々には心から感謝の気持ちでいっぱいです。

以上、今回は中国の防空識別圏についてわかりやすく書いてみました。

それではまた次回。
posted by ニュースブレイカー at 13:56| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。